auひかりとフレッツ光違い

フレッツ光とauひかりの違い

光インターネットをはじめるには、ほとんどの人が思いつくのは、auひかりとフレッツ光だと思います。

 

知っていても、何がどう違うのかよく知らない人が多いと思います。

 

NTTが提供するフレッツ光は、光インターネット回線では、シェアNo1です。

 

auひかりは、フレッツ光についでのシェアになります。

 

そこで、色々な角度からauひかりとフレッツ光比較してみました。

 

auひかりとフレッツ光のエリア

 

フレッツ光のエリアカバー率は90%を超えていますが、auひかりでは70%とカバーできるエリアが、フレッツ光の方が上回っています。

 

auひかりで利用できある地域がフレッツ光より少ないです。

 

実際には、大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛媛県、静岡県、岐阜県、沖縄県が提供エリア外となっています。

 

しかし、急速にエリアが拡大しております。

 

フレッツ光 auひかり
提供エリア エリアカバー率は約90%以上 エリアカバー率は約70%

速度

通信速度は1ギガ
加入者多いため、地域によっては、混雑時(休日やゴールデンタイム)は通信速度が遅くなることがあります

通信速度は1ギガ
フレッツ光と比べると、加入者が少ないため、通信速度が遅くなることがあまりなく、安定した速度が出やすいです
次世代高速インターネット
auひかりホームXは10ギガ
auひかりホームVは5ギガ
(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の一部エリア限定

料金差

5,100円〜 4900円〜

代理店特典(キャッシュバックなど)

〜70,000円 〜95,000円
プロバイダ 対応プロバイダは多いが、プロバイダ料は別途必要 対応プロバイダは、少ないがプロバイダ料金込み
スマホ割 なし

あり
auスマートバリュー

 

auひかりとフレッツ光の速度

 

現在、ほとんどのインターネットサービスというのはどれもベストエフォートを採用しています。

 

ベストエフォートとは、「最大限1Gbpsに近づける努力をします」という意味で、必ず1Gbpsの速度を保証することではありません。

 

これは、つまり実際は 1Gbpsのスピードは出ませんが、フレッツ光も同様です。

 

では、フレッツ光とauひかりの1Gbpsはどちらが速いのかが気になるところです。

 

どちらが速いかは、実際に使う環境や地域などによって異なります。

 

auひかりも、フレッツ光と同様、回線を共有しています。

 

しかし、比較的auひかりの方が安定していて、速度の低下も少ないようです。

 

その理由として、フレッツ光では1Gbpsの帯域を最大32人で共有しているため、 1人当たりの速度が低下してしまいます

 

そのため、混雑しやすく、フレッツ光で利用できる実効速度は、約30Mbps程度と言われています。

 

その理由として、フレッツ光は全国的にシェアが大きく、加入者が多いので、1Gbpsの帯域での共有する人数が、auひかりに比べ多くなります。

 

共有する人数は、auひかりの場合も、1Gbpsの速度を持つ1本の物理的な回線をに最大32人で共有しています。

 

しかし、フレッツ光と違い、auひかりの光ファイバーの稼働率は決して高くありません。

 

そのため、フレッツ光比べ混雑していません。だいたい、4〜10人ほどで、1本の回線を共有しているようです。

 

フレッツ光は、光ファイバーの稼働率に関わらず、常に最大32人で1Gbpsを共有しています。

 

auひかりは稼働率が低ければ、混雑が少ない人数で1Gbpsを共有することができます。

 

NTTやKDDIどちらも、光ファイバーの稼働率は30〜40%程度です。

 

つまり、auひかりの方が少ない共有人数で同じ1Gbpsの光回線を利用できます。

 

そのため、同じ1Gbps回線であってもauひかりはフレッツ光と比較して速度が出やすいです。

 

auひかりでは最大600Mbpsの実行速度が可能なのです。

 

2018年3月1日より、地域はかなり限定されていますが、KDDIがauひかりで通信速度上り/下り最大10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ」と、通信速度上り/下り最大5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」の受付を開始しました。

 

auひかりは料金体系が分かりやすい

 

フレッツ光は、通常定額プランとライトプランがあり、Bフレッツ、プレミアム、ネクストなど複数の接続コースもあり、コースによって割引制度が違います。

 

さらに、フレッツ光はプロバイダが多く選べるため、フレッツ光回線と、プロバイダ料金は別に請求されます。

 

つまり、フレッツ光回線の料金と電話料金は、NTTから請求され、プロバイダ料金は、プロバイダからの請求となります。

 

2度請求された気分になりますね。

 

一方、auひかりでは、どこのプロバイダ(auひかりが対応しているプロバイダ)を利用しても同一料金で、 割引制度の違いもありません。

 

しかも、プロバイダ料金もすべて、auひかり回線の料金に含まれた金額が提示されており、支払いも一括で請求されます。

 

そのため、auひかりの料金体系は、非常にシンプルで分かりやすいと評判になっています。

 

auひかりとフレッツ光の比較まとめ

 

料金 auひかりの方が安い
提供エリア フレッツ光の方が広い
速度

auひかりとフレッツ光は理論上は同じ速度。
フレッツ光が混雑時には速度低下がおきやすいが、auひかりは回線が混雑しないため、速度が遅くなりにくい。

プロバイダ料金 プロバイダ料金は、フレッツ光は光回線とプロバイダ料金が別々にかかるが、auひかりはプロバイダ料金込みの金額。
工事費用 auひかりは実質工事費無料(月々の利用料金から割り引きされる)
キャッシュバック額 auひかりのほうがキャッシュバック額が多い