フレッツ光転用とはなにか

「フレッツ光転用」とは、「フレッツ光」をご利用されている方が、「フレッツ光」を解約し、「コラボ光」を新たに契約する時、契約の切替えを円滑に実施できるよう、新たに工事等を実施することなく、契約者の契約先を「NTT西日本」、「NTT東日本」から「光コラボレーション事業者」に変更するお手続きのことです。

 

光コラボレーション事業者からの提供に切り替わるサービスは、光コラボレーション事業者様とのご契約に変更となります。

 

転用のお手続きは、NTT東日本およびNTT西日本、光コラボレーション事業者様とのお手続きが必要となります。

 

 

フレッツ光転用とは

 

フレッツ光転用の種類

フレッツ光転用には【他社転用】と【自社転用】があります。

 

【他社転用】

 

「フレッツ光」と一緒に契約しているプロバイダを変更する場合、つまり現在契約中のプロバイダと異なる光コラボ事業者に申し込むことです。

 

(例)
「フレッツ光」+「Biglobe」→「OCN光」

 

 

【自社転用】

 

「フレッツ光」と一緒に契約しているプロバイダを変更する場合、つまり現在契約中のプロバイダと同じ光コラボ事業者に申し込むことです。

 

(例)
「フレッツ光」+「OCN」→「OCN光」

フレッツ光コラボレーションでの注意

「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」が行われた後、「フレッツ光」の再利用を希望される場合、また、他の光コラボレーション事業者が提供する「他のコラボ光」に変更する場合には、新たに工事等を実施する必要があるほか、ひかり電話の電話番号、お客さまID(CAF/Lで始まる番号)等を変更する必要が生じます。

 

工事費 ひかり電話の電話番号、お客さまID
「フレッツ光」→「コラボ光」

必要なし

新規発行

「コラボ光」→「フレッツ光」
「コラボ光」→「コラボ光」

必要あり

再発行

 

■必ずしも「フレッツ光」から「コラボ光」に「転用(切替え)」をする必要はありません。
■NTT西日本、NTT東日本から「フレッツ光」を利用中の方に対して、「コラボ光」への「転用(切替え)」や「転用承諾番号」の取得をお願いすることはないので注意してください。
■NTT西日本、NTT東日本の名前を騙る(かたる)等して、「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用(切替え)」や「転用承諾番号」の取得が必要だと説明する、不審な勧誘(訪問営業、電話営業、勧誘メール等)にご注意ください。

 

(不審な勧誘例)
→「(NTT西日本、NTT東日本の)フレッツ光に料金が安くなる新プランが出たので、新プラン(●●光)への切替えをご案内しています」

 

→「NTT西日本から依頼を受けて、フレッツ光から●●光への切替えをご案内しています」
など

 

■転用後の付加サービスの扱いについては、コラボ光に転用する場合、各種付加サービスは、各光コラボレーション事業者さまが提供される「卸付加サービス」と、NTT西日本が直接提供する「付加サービス」に分かれます。