auひかり フレッツ光 転用 

光コラボレーションとはなにか

今までは、光回線の「フレッツ光」をNTT東日本・NTT西日本が提供し販売をしていました。

 

NTTより光アクセスサービス(フレッツ光)等の提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、お客様へサービスをご提供するモデルを、光コラボレーションモデルといいます。

 

つまり、光コラボは、さまざまな事業者に光回線の卸売りを行うことで「フレッツ光」の回線速度や信頼性をそのまま引き継ぐことができます。

 

さらに、さまざまな事業者が独自のサービスを追加提供することで価格やサービスの面からお客様へのメリットが拡がるようになり、今後お客様にとって更なるメリットが期待されます。

フレッツ光転用とはなにか

「フレッツ光転用」とは、「フレッツ光」をご利用されている方が、「フレッツ光」を解約し、「コラボ光」を新たに契約する時、契約の切替えを円滑に実施できるよう、新たに工事等を実施することなく、契約者の契約先を「NTT西日本」、「NTT東日本」から「光コラボレーション事業者」に変更するお手続きのことです。

 

光コラボレーション事業者からの提供に切り替わるサービスは、光コラボレーション事業者様とのご契約に変更となります。

 

転用のお手続きは、NTT東日本およびNTT西日本、光コラボレーション事業者様とのお手続きが必要となります。

 

 

フレッツ光転用とは

 

フレッツ光からauひかりへ転用

 

転用は、フレッツ光回線を使っているサービスから、フレッツ光回線を使っているサービス(ソフトバンク光からドコモ光など)に乗り換える場合に、工事なしで簡単に乗り換えを行う事ができるサービスです。

 

フレッツ光から、auひかりへの乗り換えをする場合は、フレッツ光とauひかりは別の光回線になるため、工事が不要の転用は利用できません。
auひかりは光コラボ業者ではありませんので、フレッツ光からauひかりへ乗り換える場合は、工事が必要になります。

 

しかし、auひかりでは、キャンペーンで工事費用実質無料(工事費を分割して、月額利用料から割り引くサービス)を行っているので、あまりauひかり乗り換える場合の工事費は心配する必要はないと思います。

 

さらに、auひかりでは、フレッツ光などの回線からの乗り換えで発生する解約違約金(最大30,000円まで)を、負担(還元)してくれるキャンペーンもあります。

 

ただし、適用される条件があります。

1.他社のインターネットサービス(フレッツ光など)からの乗り換え

 

2.auひかりホーム ずっとギガ得プラン のインターネット+電話+電話オプションパックに加入

 

3.36ヶ月(3年)以上継続して利用する

 

現金またはauウォレットにポイント還元という形で還元されますので、契約更新月以外でも気軽に乗り換えが可能です。

フレッツ光転用の種類

フレッツ光転用には【他社転用】と【自社転用】があります。

 

【他社転用】

 

「フレッツ光」と一緒に契約しているプロバイダを変更する場合、つまり現在契約中のプロバイダと異なる光コラボ事業者に申し込むことです。

 

(例)
「フレッツ光」+「Biglobe」→「OCN光」

 

つまり、プロバイダと光コラボの提供事業者が異なれば他社転用となります。

 

【自社転用】

 

「フレッツ光」と一緒に契約しているプロバイダを変更する場合、つまり現在契約中のプロバイダと同じ光コラボ事業者に申し込むことです。

 

(例)
「フレッツ光」+「OCN」→「OCN光」

 

光コラボレーション転用できる主な回線

 

光コラボレーションの転用できる回線は、多くありますが主な転用可能な回線を紹介します。

 

つまり、プロバイダと光コラボの提供事業者が同じであれば自社転用となります。

 

 

ここで、なぜ自社転用と他社転用とあるのかというと、他社転用と自社転用では、キャッシュバックが異なるのです。

 

ここで、キャッシュバックの多い順に並べると

 

新規>>他社転用>自社転用(自社転用はキャンペーン対象外)となり、キャッシュバックキャンペーンを受けるには、新規申し込みか他社転用を申し込む必要があるわけです。

 

 

 

・ビッグローブ光

 

・ソフトバンク光

 

・ドコモ光

 

・ニフティ光

 

・ソネット光

 

・OCN光

 

・ぷらら光

 

・楽天コミュニケーションズ光

 

・U-NEXT光

 

・BB.excite光

 

・Marubini光

 

・AsahiNET光

 

・IIJmioひかり

 

・hi-hoひかり

 

などがあります。

 

フレッツ光コラボレーションでの注意

「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」が行われた後、「フレッツ光」の再利用を希望される場合、また、他の光コラボレーション事業者が提供する「他のコラボ光」に変更する場合には、新たに工事等を実施する必要があるほか、ひかり電話の電話番号、お客さまID(CAF/Lで始まる番号)等を変更する必要が生じます。

 

工事費 ひかり電話の電話番号、お客さまID
「フレッツ光」→「コラボ光」

必要なし

新規発行

「コラボ光」→「フレッツ光」
「コラボ光」→「コラボ光」

必要あり

再発行

 

■必ずしも「フレッツ光」から「コラボ光」に「転用(切替え)」をする必要はありません。
■NTT西日本、NTT東日本から「フレッツ光」を利用中の方に対して、「コラボ光」への「転用(切替え)」や「転用承諾番号」の取得をお願いすることはないので注意してください。
■NTT西日本、NTT東日本の名前を騙る(かたる)等して、「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用(切替え)」や「転用承諾番号」の取得が必要だと説明する、不審な勧誘(訪問営業、電話営業、勧誘メール等)にご注意ください。

 

(不審な勧誘例)
→「(NTT西日本、NTT東日本の)フレッツ光に料金が安くなる新プランが出たので、新プラン(●●光)への切替えをご案内しています」

 

→「NTT西日本から依頼を受けて、フレッツ光から●●光への切替えをご案内しています」
など

 

■転用後の付加サービスの扱いについては、コラボ光に転用する場合、各種付加サービスは、各光コラボレーション事業者さまが提供される「卸付加サービス」と、NTT西日本が直接提供する「付加サービス」に分かれます。